余分な出費を減らすコツ

貯金のコツはなんといっても日々の生活の中での小さな浪費を抑えていく事です。

ものを買うときは必要なものだけを買う。余分なもの、予定外の物は買わない。
これを意識するだけで支出の額は変わってきます。

買い物の時についついやりがちなのがついで買い。
今日はこの商品が安売りされているからついでに買っておこう。
今日はこの商品買うとポイントが多くつくから買っておこう。

こうやって必要でない物を買い込んでしまう。

買ったその時はお得な気分になれるかもしれません。でもこうした買い物を年間通じて計算してみると結構な額になってきます。
こうして買いだめたのはいいけれど、結局使い切れずに捨てる事になったなんて事になれば目も当てられません。

こうした支出をいかに抑えていくのか。これが支出を減らすポイントとなります。
そこで買い物する際に無駄にものを買わないためのコツをご紹介しましょう。

まず一つは買い物に出掛ける際に、何を買うのか決めてから出掛ける事。メモなどに書いて持って行き、それ以外の物は買ってはいけないと言うルールを作るのです。
意識を強く持つ事でついで買いを抑える方法です。

もう一つお勧めの方法が一日の買い物で使える額を決めておくと言うもの。

例えば一日の買い物に2000円までと制限をかけて、その金額でやりくりする。1800円で抑えられたら残り200円はボーナスです。翌日にちょっとしたお菓子を買う等のなどのご褒美に充てたりする。こうすればご褒美のために頑張れませんか?

こうしてお金をきっちり管理する事によって余分な支出は抑える事ができます。貯蓄ができる、できないというのはこうした意識の差なのです。一度見つめなおしてみませんか?