外食費を減らすと節約につながります

子供が幼稚園に入った頃から、家計における休日のレジャー費の占める割合が大きくなってきました。理由は2つあります。1つ目は子供にも入場料が必要になる場合が多くなることです。2つ目は外食です。今まで子供の食べる分は大人の取り分けで十分だったのに、子供もいつの間にかキッズメニューを頼むようになったからです。

休日は出来るだけ家族で外出して楽しみたい-。しかし、子供が成長するに従ってこれからお金もかかるし、レジャー費にお金を使ってばかりもいられない-。そこで我が家は休日のレジャー費の中で、出来るところは節約していこうと決めました。

まず外出先は、出来るだけ入場料が必要ない、もしくは自治体が運営する施設にします。

春や秋など季節の良い時は、公園でのピクニックは我が家の定番です。公園で思いっきり子供と遊んで、お昼ご飯はレジャーシートを広げて持参したお弁当を食べます。お弁当といっても、忙しい朝に外出準備をしながら作るものですから、おにぎり中心の簡単なものですが、外で食べると美味しいですし、子供も喜びます。

また、外出した日の昼と夜、どちらも外食することを禁止にしています。お昼に外食すると分かっている日は、夕食に温め直せば食べられるカレーなどをあらかじめ作っておくのです。帰ってきたら、子供がお風呂に入っている間にさっと準備できるので面倒ではありません。

このような方法で少し手間はかかりますが、外食費を抑えることでかなりの節約になっていると思います。