節約には結局まめさが大切

節約や貯蓄を気にして、お弁当や飲み物持参等当たり前の生活を送っているのですが、なぜか思うようにたまりません。

ブログや雑誌に載っている人たちは、そんなにがつがつしているようでもないのに、私より多い額を貯金したり節約で浮かしたりしているのが不思議でたまりません。しかし、よく考えてみると、自分の場合、どうもまめさが足りないのではないかと最近になってようやく気が付き始めました。

例えば貯蓄ですが、目の前にあるとつい使ってしまうのでなるべく銀行口座に入れるようにしているのが自分ですが、ためている人はそれだけではないのです。こまめに有利な率の金融機関を探したり、投資に回していたりとその先があるのです。とにかく使わないで貯めよう、というところで自分の場合は止まっているのです。

節約も定番のものだけではなく、ひと手間自分でかけている感じ。作り置きや常備菜、定期的な不用品の処分等、怠け者の自分としては「そこまで時間と手間を」と思うことも楽しんでやっているのですね。スムーズで友好的な人間関係を築いている人はこまめに連絡したり、積極的に声掛けを行っているように思うのですが、お金もそうなのかもしれないと思うようになりました。

お金に対してのまめなアプローチ、自分も実行したいです。